虫愛づる記録

消え行く緑の中で 
街の昆虫や生き物たち
川崎、横浜、町田、福岡

マガイヒラタアブ?↓(RICOH CX6)吹く風が冷たく強く真冬のような寒さです。朝も昼も同じ寒さですが、朝、ハエが数匹竹の上で暖を取っていました。少し離れた場所で、ヒラタアブが陽があたる葉の上で寒そうに留まっています。顔が撮れないのでマガイヒラタアブがわかりません …
続きを読む

キンクロハジロ久しぶりに少し離れた池に行ってみたらキンクロハジロが来ていました。この池には帰らなかったキンクロハジロ君が1羽いたのですが↓(6月)今回はどうするんでしょうね? …
続きを読む

コガタコガネグモ  幼体木の枝の間にコガタコガネグモの幼体の小さな巣がありました。ちゃんとX字型の隠れ帯を作っています。この隠れ帯の目的は白い帯が紫外線を反射して虫を集めやすくしているという説があるそうです。この隠れ帯を作るクモはコガタコガネグモチュウガタ …
続きを読む

アカムシユスリカ 雌 成虫歩いていると6ミリほどの昆虫がひらひらと飛んできてイヌマキの葉の先に留まりました。小さな蛾かな? と思ったのですが、それにしては動作がゆっくりだったので撮ってみました。これは何かの幼体なのでしょうか?ほぼ全ての科を調べたのですが、 …
続きを読む

クロコノマチョウ タテハチョウ科歩いていると付いてくるので「翅を開いてみせてくれい」と言ってみても甲斐がないのはあたりまえですね。翅の先が尖っている秋型ばかりなので、来年は夏型をぜひ。川崎でクロコノマチョウに会ったのは2008年11月14日のたった1回だけ。しか …
続きを読む

クロモンホソコヤガ  ヤガ科コヤガ亜科↓(RICOH CX6)孟宗竹が覆い茂った薄暗い山道でこの開帳状態で10mmか11mmほどの小さなが蛾ポピュラーな蛾のようで意外にあっさり同定できました。幼虫食草→不明 …
続きを読む

シマゴミグモ あるいは ミナミノシマゴミグモ  コガネグモ科ギンメッキゴミグモに見えたのですが、部分的に金色がかっていたのでキンメッキゴミグモというのがいるのかもしれないと撮ったのでした。花眼なのでこんな小さいクモはよく見えないのだ。調べるとシマゴミグモ …
続きを読む