虫愛づる記録

消え行く緑の中で 
街の昆虫や生き物たち
川崎、横浜、町田、福岡

ルリミズアブ  ミズアブ科畑の側道の葉の裏に大きめのアブがじっと留まっています。まだ見たことがないコウカアブかもと撮ったのですが。コウカアブのコウカとは後架=便所だと初めて知りました。後架を検索すると 函館旧公会堂を大正天皇が皇太子時代に旅館として使用し …
続きを読む

オオフタホシヒラタブ  ハナアブ科今の季節ハナアブが活動中です。ひときわ大きめのハナアブと遭遇下のナミホシヒラタアブとは大きさが全然違います。しかし「後腿節の色基部のみ黒であとは黄色」は気になります。少し見える左腿節は半分以上が黒く見えます。だとするとマ …
続きを読む

クサフグ フグ科今日は本当にいい天気でした。空は青く、心地よい暖かさで、空気は澄んでいて遠くの山や建物がくっきり見えます。塩浜に行ってきました。珍しく干潮時間に会ったようです。汽水域にカモがいるとは予想外でした。クサフグがいる汽水域ですね。子供の頃満潮に …
続きを読む

アオバアリガタハネカクシ田んぼで見かけたアオバアリガタハネカクシですが、小さすぎてだめでした。CX6持って行けばよかった。翅を畳むのは重労働に見えます。こんな進化を選ばされたのは正解なのかなぁ? 後でわかったのですが、アワフキですかね? 灰色のシマシマ …
続きを読む

オスのジョロウグモ7、8ミリほどの小さなクモを10月始め撮っていたのですが、正体がわからず放置していいました。先日やっとジョロウグモの♂とわかりました。という事は単体で巣を張っていたわけではないのでしょうか?去年ジョロウグモを見ていると、たまたまハチがやって …
続きを読む

ホソツヤヒラタアブ  ハナアブ科ツヤヒラタアブとの違いは胸部背板第2節の黄色斑紋が側縁を超える→ツヤヒラタアブ超えない→ホソツヤヒラタアブなんですが、超えていないかな? …
続きを読む

カマバエ ミギワバエ科昨日ブログ「ゆめこが虫を撮る」でミナミカマバエの写真を見て、鎌を持つハエがいると知ってびっくりしました。検索すると有名なハエのようで結構ヒットします。乾いた田んぼの、水がちょろちょろ流れている場所にいる、と書いてあるブログがあったの …
続きを読む

キイロスズメ スズメガ科ホウジャク亜科大きいですねぇ。食べているのはヤマノイモでしょうか。セスジスズメ いずれも10月初旬よく眼にします。ヤブカラシの上でこれは広い道路を半分過ぎ横切りつつあるところを発見しました。車が来たら拾うつもりでテイッシュを持ってス …
続きを読む

サビキコリ  コメツキムシ科コメツキムシは同定が難しくスルーしています。これはわかりやすいサビキコリだと思うのですが。サビキコリだけでも30種を超えて国内にいるそうですが、not important to me. …
続きを読む